Home

Web Shop

Blog

  Natsusaji

Natusaji Productt


 
 木製スプーンの魅力は、木目の美しさ、柔らかい質感に加え、その愛らしい姿かたちはもちろんですが、熱いものにご使用いただいても熱が伝わりにくく、カレーやスープ用のスプーンを一度使用したら、もう金属のものには戻れないほどに、その舌触りの良さが、ご家庭の食卓に楽しい気分を運んでくれます。


カレースプーン


 スプーンづくりの基本となっているのが、このカレースプーンです。

  手に持ったときの温かさ、舌触りの良さは一度使うと、もう離せない存在になります。
 皿部分の縁にいくほど薄く削ってあるので、すくうときにも抵抗を感じずにご使用いただけます。

 カレーを食べるのには最適かなと思いますよ。

 もちろんカレー以外にも使用可能な万能タイプ。


スープスプーン


 木は熱を伝えにくいので、熱々のスープを召し上がるのに木製は最適です。

 皿の部分を少々深めに彫ってあり、すくうことができます。もちろん使うとき
の嫌な音もなくご使用いただけます。

 柄の部分は、カレースプーンより短めで、全体的に丸く優しいラインになっています。

ミニスープスプーン


 少し小さめで、丸ぼったい形がオリジナルデザインのかわいいスープスプーンです。
 ランチの時のスープによく似合いますよ。

 女性や子どもたちには、ほどよいサイズで、きっと喜ばれると思います。


ティースプーン


 一般的な形をしたティースプーンです。

  縁を薄く削っているのでアイスクリームにちょうどいいって、・・某ショットバーでも使用してくれています。

コーヒースプーン


 けっして、コーヒー専用というのではないのですが、こんな形をしたスプーンがコーヒーカップの横にあったら素敵でしょ。

 あまり数は、製作していませんが・・・。



コーヒーメジャースプーン


 興味本位で作ってます。全体の柔らかいフォルムとラインが気に入ってます。

 でも、結構皿の部分を彫るのに手作業だと時間がかかるんですよね。

 柄の部分は長めがあったり・・短めもあったり・・と気まぐれなんです。

 おおよそですが、このスプーン一杯のコーヒー豆を挽くと、二人分の量になるかな?


バターナイフ


 木工カトラリーの定番ですが、きりっとしたラインが特徴の夏匙工房オリジナルデザインのバターナイフです。

  大きめサイズなので無理なくバターを塗ることができます。

 最近、オーダーで一回り小さいバターナイフも作ってみましたが、意外と好評でした。

右端は、左利き用に製作しています。


パスタフォーク


 木製で4本のフォークって、少ないんですよね。
 サイズは幅30ミリと少々大きめなので、がっちりとパスタを絡められますよ。
 ハンバーグ程度なら十分に対応できます。

 遊び感覚でお揃いの木製ナイフも作ることがありますが、ちょっとステーキには歯がたちません。
 3本タイプの少し小さいのや小っちゃなフルーツ用フォークも作ってはいるのですが販売にまでは至っていません。


サラダフォーク・ミニフォーク



 上の2本がサラダフォークで下の3本がミニフォークです。どちらも3本歯のフォークなので、比べようがないですかね(笑)
サラダ用の方は、幅が約2.6cm・長さは約18cm。女性に使ってほしいデザインに仕上げています。もちろんサラダやパスタにだってご使用いただけます。
 ミニの小っちゃのは、幅が約2.0cm・長さは約15cm、フルーツ用に最適かな。それなりに手間をかけて製作しています。


ケーキフォーク




 何度も試行錯誤して考案したのが、このケーキフォークです。
 両側の歯を広くしてあるのは、スポンジ部分をカットするために広くしてあるのですが、あまり意味はありません。
 直線部分が少なく丸い感じなので、全体のバランスをとるのが結構めんどうなんです。はっきり言いましてフルーツは刺さりにくいですね・・。
 でも、意外や意外・・・子どもさんが使っても危険がありません。
 

サイズ:幅2.5cm・長さ15cm


サクラスプーン



 遊び心で製作しているのが、こちらのサクラスプーンです。

 サクラスプーンって言うからには、当然ながら素材もサクラ材です。先端の真ん中が窪んでいるのが特徴なんですが、これがサクラの花びらの形をイメージしているのがおわかりいただけるでしょうか。
 スプーンの形状としては、本来の姿じゃないんです(笑)

 用途は・・・特に何用ってものではないのですが、何にでも、お使いいただければと思ってます。
 ちなみに、アイスクリームやヨーグルトにも使いやすいとの評価をいただいていますが、蜂蜜やジャムをすくうのにもいいかも知れません。

レンゲ



 サクラとクリのレンゲです。

 一般的な形状を意識して作られたレンゲですよ。
 中華向けだけでなく、いろんな使い方ができそうです。前々から試作を繰り返していたのですが、やっと、こんなデザインに定着しました。

 皿部分の内側はサンドペーパー処理をしていますが、底の部分・・外側と柄の部分は、削りあとを残してあります。
 ちなみに、サイズは幅が4.5cm、長さは17cmです。


取り分けスプーン



 煮物やサラダの取り分け用の大きいスプーンです。

 一般的なサラダサーバーだとフォークがセットなのですが、これはスプーンのみです。
 我が家では、いろんな使い方をしているんですよ。フライパンを使った炒め物料理にだって使えそうです。
デザインは、きわめて地味に・・・カレースプーンがいちだんと大きくなったような形状に仕上げてあります。

 サイズは幅が5.8cm、長さは23cm。レンゲ同様に、皿部分の内側以外はナイフの削りあとが残っています。


マドラースプーン・調味料スプーン

 


小枝や長めの端材を使って、気が向いたときに作ることがありますが、マドラーの使い方より便利な方法があるかも・・・。 



 右のほうが、調味料スプーンです。

 小っちゃいけど意外と手間がかかるんです。

  それなりに一人前のスプーンなんです。皿部分の大きさや柄の長さはまちまち。

  七味用から塩、各種調味料等々・・・あなたのセンス次第でいろんなアイデアや使い方が湧き出してきそうです



その他



 試行錯誤して、いろいろと製作してきましたが、天然木独特の手触りと温かみっていいですよ。
 もちろん、 一本一本すべて色・形、使用感が違うんです。



ペアスプーンギフト

 ペアスプーンギフトは、 通常のカレースプーンに少し小型の女性向けスプーンをセットにした内容で、小型のものは、このギフトセット用だけのために、特別に作っています。
 とりあえずの作り置きはあるのですが、本数によっては相当の製作日数を要します。

詳しくは、ギフトページをご覧ください。




「夏匙工房」へのご案内
 
 「夏匙工房」で手作りする木のスプーンは、主に徳島県内の広葉樹を素材として選び、丁寧に手作業で削り出したものばかりです。桜・椿・楢・枇杷等々、極わずかですが、キンモクセイやイスノキなども素材として使用することがあります。
 スローライフに親しむあまり、薪割りをする自然の木々から何か作れないかと始めたのがこのスプーン作りで、山からの伐採から手掛けることもしばしばあります。
 自然の木から材料づくりをして、一本一本小刀で成形した後は、ひたすらサンドペーパーをかけて丁寧に仕上げます。
 少しずつカーブの角度が違ったり、柄がなんとなく曲がっていたりしているのは手作りならではの魅力です。いずれも、姿形、木目、色合い等、同じものは存在しません。 
 出来上がった際の柔らかい質感と愛らしいシルエットは、常に作り手を魅了してくれると言ったら少々大げさでしょうか。


夏匙工房」へのご連絡・お問合せをお待ちいたしております。

natsusaji@tcspirits.com



安全性と耐久性

 「夏匙工房」の木製スプーン類は、安全面と耐久性を配慮して、食品衛生法を完全にクリアーした学校給食用の木製食器等にも使用されているポリウレタン系のプレポリマーを浸透させ、木目や色合い、木の自然の表情を損なうことなくマット処理していますので、安心してお使いいただけます。

 使用後は、柔らかいスポンジに中性洗剤で軽く洗う程度であれば、一般のカトラリーと同様に取り扱っても大丈夫ですが、食器乾燥機等のご使用や長時間にわたって水やお湯につけて置くのは避けて下さい。

 なお、ご使用していただくうちに、木の色は若干変わっていきますが、時が経つことで生まれてくる深みある色艶をお楽しみいただき、長くご愛用いただければ何よりでございます。


Smartphone Menu

Product

Work


Web Shop

Info



PC画面で見る