夏匙工房Home 夏匙インフォーメーション 夏匙Web Shop 夏匙だより
   
 木製フォーク Natusaji Product

 今、作っているフォークです


Smartphone Pageは、こちらから


Wood Work

手づくり作品

製作のようす

木の素材

フォーク特集

ベビースプーン

一歳になったら・・

製作雑記

我が家の食卓

お問い合わせ

Web Shop

夏匙スプーン

ベビー用

ギフト特集

スマホで見る

Blog

夏匙だより

 フォークづくりに関しては、実用面からだけ取り上げれば金属のものにはかないませんかね・・・。
 それでも、木の持つあたたかさとやさしさからくる使用感に魅せられて・・木で作ってるんです。はじめは、パスタフォークだけだったのが・・・フルーツ用、サラダ用・・の少し小さめの3本歯。そして、ケーキ用フォークは、かわいいチューリップの形をしています。




 パスタフォーク

 4本歯のオーソドックスなスタイルのパスタフォークです。
当初から製作してきたものですが、柄の曲がり具合など、若干の変更点はあるんです。
 

 幅が約3cm、歯の長さは約4cmと少々大き目なんですが、パスタ料理には、使い便利のいい実用的な大きさだと思っています。手前味噌ですが見た目にも美しく、そのフォルムは作者としても気に入っています。
 





 ミニフォーク

 ミニフォークです。パスタフォークとの違いは、歯が3本であることと、小さいことです。パスタフォークのフォルムを崩すことなく作っています。果物やミニサラダに使っていただきたいと思っています。

 
 幅は約2cm、長さは約15cm。ティースプーンとのセットにはピッタリ合う作りです。






 サラダフォーク

 こちらは、3本歯のサラダ用フォークとして作ってますが、お好みで何にでもご使用いただけますよ。

 
 幅は約2.6cm、長さは約18cm。

  

 スプーン同様に、常に心掛けていることは、精一杯、一本一本の製作に集中することで、みなさんに喜んでいただけるもの目指しています。
 手づくりなので全く同じものは作れないんですよね。




 

 


web shopへ


ケーキ専用のフォークをつくりましたよ

試行錯誤で試作中です

何とか形になったケーキフォーク


 フォークの中ではいちばん新しいのが、このチューリップをした形のフォークです。
 これまで作ってきたフォークは、直線が基本でした。そういう意味ではスプーンとは難しさが違います。
 でも、このフォークは、曲線部分と直線部分の両方を持ち合わせているために、そのバランス調整が・・・私には非常に難しく苦労したのですが、何とか見るのに慣れてきたせいかそれなりの形が出来上がりました。
 丸くなった横側の部分はケーキがカットできるように薄くなっています。試作の時は片方だけにしていたのですが、利き手の違いがあるはずなので、思い切って両方使えるようにしたんです。カットするためよりは、ひとつのデザインでもあるんですが(笑)
 若いカップルに使ってもらえることができればと、それなりに可愛いさを念頭に作っているつもりですが・・・



 もともとは、クリスマスプレゼントや何かの記念日の贈り物になるようなペアフォークを作ったらどうかと・・・提案していただいた人がいて。
 ・・・だったら、ケーキ用でどうかなどと、いい加減な発想で試作をはじめたんですが、なかなかうまくいかずに。
 特に、フォークって直線的だし可愛さをだすとなれば、やっぱり曲線も必要だし・・・。特色を出したいし。それでいて使用感も大切にしなければいけないし。 
 少し間違えば、このチューリップ形は、給食の時に使った先割れスプーンみたいになってしまいそうで、不安な要素ばかりでしたが、何とかそれなりの形になっているでしょうか。  
 モニターになってもらった知り合いの娘さん二人からは、可愛くて使いやすいとの評価をもらうことができました。


 いちばん広い部分の幅が約2.4cm。長さは約15cm。
 

 web shopへ
 



 

こちらは、一歳からの少し大きめベビーフォークです。
 

 
安全性と耐久性

 「夏匙工房」の木製スプーン類は、安全面と耐久性を配慮して、食品衛生法を完全にクリアーした学校給食用の木製食器等にも使用されているポリウレタン系のプレポリマーを浸透させ、木目や色合い、木の自然の表情を損なうことなくマット処理していますので、安心してお使いいただけます。

 使用後は、柔らかいスポンジに中性洗剤で軽く洗う程度であれば、一般のカトラリーと同様に取り扱っても大丈夫ですが、食器乾燥機等のご使用や長時間にわたって水やお湯につけて置くのは避けて下さい。

 なお、ご使用していただくうちに、木の色は若干変わっていきますが、時が経つことで生まれてくる深みある色艶をお楽しみいただき、長くご愛用いただければ何よりでございます。