タンブラー
2019.03.15

 数日前から、イヌマキと梨の木でタンブラーを挽いています。生木なので、どのように変化するのかたのしみなのですが。柔らかくて座繰りもやりやすい反面、少しの加減でラインも微妙に変わるので、それなりに慎重にしなければなりません。
 ビール用と焼酎用2個は依頼品、それから娘に頼まれたのと・・もうひとつは社長のワイン用です。
 

 アキニレのプレートも生木があるうちに挽いています。5月の展示会に乾燥させて間に合わせたいのですが・・どうかな。
 
梨の木スプーンづくり
2019.03.03

 細い梨の木で形どりしていた先日の素材を削って、サンドペーパーで仕上げました。これがですね・・自慢の手作業なんですよね。微妙な厚みを手の感覚で確かめながら、最後に目で見て皿部分の楕円を作り出します。
 ベビー用のスプーンとカレースプーンです。以前に作ったものより色あいが薄めなような気がします。それから、乾燥しているとは言いながら、木が若くて細い分・・・柔らかいような・・。でも、梨の木独特の木目の細やかさは感じられます。それに、サクラよりは軽いんです。2月に確保した梨園の木が乾燥して、本格的に作ることになると思うのですが、とりあえずお試しってことで(笑)
 それにしても、あっという間に2月が終わってしまいましたね。やることがいっぱいで・・なんか焦り気味です。
suzukiでの展示会終了
2019.02.23

 suzukiアリーナ川内での展示会・・・無事終了しました。ご来場いただき、ほんとうにありがとうございました。
 会期中は、ほとんど留守にしていて、たいへんご不便をおかけしました。申し訳なかったです。
 それで、今回は不在することが多くあるので、ご迷惑になると思いご案内をあまりしていなかったのですが、逆にあとで叱られました(笑)・・すみませんでした。
 今後とも、より皆様に喜ばれるスプーン・小物作りを続けてまいりたいと思っています。

 それから、会場提供をはじめとして、いろいろとご協力をいただきました阿波スズキ販売の皆様にも深く感謝申し上げます。         
 おかげさまで、多くの皆さんに木のスプーンの良さを知っていただくことができてたいへん嬉しいです。
梨の素材が待ち遠しい
2019.02.22

 梨の木は、元気そうでも芯のあたりは弱いんですね。木によっては芯まで生き生きしているのもあるんですが全体の3分の1くらいでしょうか。それでも、梨園解体からの調達は、すでにKTで4車分はできました。
 待ちきれずに、試験的にスプーンの縦部分を挽いて乾燥中です。
 下の写真は、筋に逆らわず縦割りをしたものですが、なかなかのいい材でしょ。きれいな木目が出そうな予感がして今から楽しみです。


 こちらは、いっぱい・いっぱい乾燥した梨の木です。細いんですが、それでもカレースプーンは十分にとれますよ。ベビースプーン用にも使いたいと思っています。仕上げるのが、こちらも楽しみなんです。



suzukiでの展示会はじまる
2019.02.16

 スズキアリーナ川内での展示会が今日からスタートです。車屋さんでスプーン展ですから、全国的にも・・単純に考えても、少々めずらしいパターンでしょ。社員の皆様には、まことにご迷惑をおかけいたしています。


 昨日、搬入して、足りない分を今朝、持ってきて展示を完了。とにかく、いろんな人に、木製スプーンや器の魅力、本来の木の良さを知ってほしいんですよね。
 もちろん、スプーンや器を買っていただけることはうれしいんですが(笑)
 今回は、案内状にハイジスプーンセットを限定10セット、メイン商品にしたのですが、すでに6セット販売となりました。
 会期中23日までは持たないかもしれません・・・もしそうなれば、ごめんなさい。


・・・と言いながら、明日は、午前中ナシ園の伐採なので、わが工房のアヒル隊長が展示会場でお待ちしています。午後からは、工場長こと私も顔を出したいと思っています。

2019.02.16 18:05 | 固定リンク | 展示会 | コメント (0)

- CafeLog -